<< 夜きのこダイエット三日目 | main | 夜きのこダイエット 六日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
がっちりマンデー キッザニア
がっちりマンデー 今日のテーマは、
お仕事体験テーマパークのキッザニアです。
2006年10月のオープンから3年で、来場者数280万人
株式会社気キッズシティの社長 住谷栄之資さんが、ゲストです。
3歳から15歳は、お仕事が出来る。16歳以上は、見ているだけ。

なぜ子供が夢中になるのが、最初の秘密。
園内が薄暗いのは、夜あまり活動できない子供が、
大人になった気分を味わったり、わくわくしてもらえるように。
子供を大人扱いすること。
子どもは、リアルにこだわるんですって。
だから実在企業に、実際の店舗を提供してもらっているのだそう。
  お仕事相談センターもあるんです。
限りなく本物の世界を再現することで、大人気分が味わえるんです。
子ども扱いしないのも大事。
スーパーバイザーから仕事の説明を受けるときも、
名前を「さん」づけで呼びます。
専門用語も、あえて使って、真剣みを増していきます。
子どもも真剣。瞬き一つせずに説明を聞いています。
そして仕事が終わったら、お給料がもらえるのです。
1回のお仕事で、8キッゾという専用通貨で、お金がもらえます。
そして、使えます。
おもちゃ50キッゾ、ジグソーパズル70キッゾ。
レンタカーや、携帯電話も10キッゾで借りられます。
たくさん働くと、よりいいものが手に入る、
なぜ一回のキッゾが8キッゾかというと、
使えるほうは、10キッゾから。
働いてすぐに、遊べるわけではないという、
社会の厳しさも学べます。

お父さんお母さんは、その間どうしているかというと、
子どもの様子を観察。
普段とは、違った子どもの様子に、お母さんは見とれています。
成長したわが子を、見られるからカメラで撮影。
大人が子どもに夢中になって声をかけて、
現実に引き戻さないように、ガラスの向こうから観察です。

メキシコは、まず遊び、その後働く。
日本人は、まず働き貯金をする
という、世界の縮図も見られるそうです。

これだけ面白いから、リピーターも多い。
それは、そうでしょう。面白いもん。
銀行に預金して年利10%の利子で増やしたり、
ATMで引き出したり。
お仕事カードという、認定カードがもらえるので、
80種類全部集めたくなりますよね。

スポンサーも60社以上。
施設の維持費、ユニフォーム、光熱費も企業もち。
会社の名前を覚えてもらえる、PR効果抜群。

大人、子ども、企業、のすべてが、WIN×WINの関係。
すばらしいビジネスモデルですね。
| がっちりマンデー | 08:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://ol-magazine.jugem.jp/trackback/204
トラックバック
みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH